鑑定期間の紹介

最先端の研究施設で鑑定を行なっております

写真

当社研究所は、法医学及び血縁鑑定サービスを提供する先進の総合DNA検査機関です。 世界中で家族関係を確かめようとしている企業と個人に、同社は広範囲のDNA血縁鑑定を提供しています。 研究所はまた、研究開発とDNAコンサルティングサービスも提供しています。 この分野における長所として、技術革新と専門知識にあります。
研究所では高い品質と信頼性、顧客サービスにより高い信頼を各方面から得ています。 特に長年に渡りアメリカ病理協会(CAP)において検査品質の認可を受けています。

技術面において41マーカー検査はDNA鑑定の解決をより鮮明にした画期的なものとしてされています。 41マーカー検査は16マーカー検査では足りず解決できなかったケースで役立っています。
最近のケースで、標準的な16マーカーの父性鑑定で父親と思われている人物と子供の間で1箇所を除いてすべて一致していました。 この1箇所は突然変異の可能性として計算され判明しました。 父性関係の可能性は、「確定するにはあまりに精度が低い結果である」と判明しました。
DNA鑑定の基準として通常99.00%以上が必要です。 通常は、このリスクの回避のために母親の参加またはより多くのマーカーを検査することを推奨しています。 このケースでは、母親は参加できませんでした。
そのため41マーカー検査に移行しました。 結果、父親と思われる人物は更に9箇所で子どもと不一致が見つかったため、彼が実の父親であることが否定されました。

このように突然変異や血縁鑑定などで参加者が少ない場合などでこの技術は非常に有効になっており、 現在20カ国以上で利用されています。

ページの先頭に戻る